プリザーブドフラワー
手作りアレンジキット専門店
> お買い物ガイド >プリザーブドフラワーに関してよくある質問

よくあるご質問(Q&A)
 

保存方法や日頃のお手入れ方法などプリザーブドフラワーに関する疑問を解決

プリザーブドフラワーの最適な保存方法は?

A:お水は絶対にあげないでください。
湿気に弱い(カビや変色の原因になります)ので、直射日光の当たらない風通しのよい場所に置くとよいです。

プリザーブドフラワーのメリット(長所)って何ですか?

A:長期間の保存が可能です、しかも水やりの手間がありません。
生花との遜色もなく、瑞々しさを感じる質感や柔らかさがあります。
遠方の方への贈り物や、納期が先であっても用意しておくことも可能で便利です。
生花より軽く保存期間がながいので、ウェディングブーケなどにもご注文が増えており、使用後も新居に飾れるなどたいへんお喜びいただいております。

プリザーブドフラワーのデメリット(短所)って何ですか?

A:生花とくらべコストが高いです。湿気に弱く、花びらが濡れたような状態になることもあります。
(乾燥してくればほぼ元に戻ります)
長期間プリザーブドフラワーと接している部分は、色移りがある。

プリザーブドフラワーを長く飾っておきたいので長持ちさせる方法を教えてください

A:高温多湿、直射日光、強風の当たる場所に置くことはさけてください。
ラッピングやクリアケースに入れたままの方が長持ちはします。
ラッピングを取って飾る場合は、ホコリがたまりやすいですが、気になってきたらお花などに直接触れずに弱冷風をあてて取り除いてください。

プリザーブドフラワーは何年くらいそのままで飾れますか?

A:温度湿度、日光の当たり具合など環境にもよりかわりますが、適当なところでは、1~2年は美しい状態を保てます。
ラッピング、ケースに入ったまま飾ると、さらに長く飾れます。

プリザーブドフラワーに付いたホコリはどうやって取ったほうがお花を傷めずにとれますか?

A:ドライヤーの風を弱冷風にして静かにあてながら取り除くとよいです。

花びらに切れ目がでてきてしまいました。どうしたらいいですか?

A:花びらの先端は傷つきやすいので、割れなども多々あります。
生花を加工した自然のものなので、仕方ない現象なのですが、気になる場合は割れた部分をハサミで丸みを持たせカットするとよいでしょう。
花びらのカーブに合わせるように、ゆるやかなカーブにカットすることが自然に見えるコツです。花びらの中央に縦に入ってしまった切れ目は切れ目を中心にハート型上部のようにカットしても自然に見えます。

プリザーブドフラワーはケースに入れて保管がいいのでしょうか?
それともケースから出したほうがいいのでしょうか?

A:クリアケースやラッピングに入れたまま飾るか、取って飾るかはお好みです。
ケースなどに入れたまま飾ったほうが長持ちはします。
ケースから出して飾るのは、自然でインテリアとしてお部屋になじみます。
一長一短ありますので、個々の判断でお願い致します。

色あせしてしまったものはもどりませんか?

A:プロでなければ、戻すことは難しいです。
戻す場合は、色あせた花材をバラしテーピングを取り、プリザーブドフラワー専用の染色液を購入し染色、その後乾燥させ、さらにアレンジメントという作業になります。

色あせさせない方法ってありますか?

A:直射日光に当てないことです。
お部屋の日が当たりにくい場所に飾るとよいでしょう。
今までの経験上ですと、赤色は色あせしにくいです。

プリザーブドフラワーってニオイがありますか?

A:花類は加工前の生花時のにおい残りは、ほぼありません。
まれに香り高いユーカリなどは、若干においが残っている場合もあります。

いただいた花束をプリザーブドフラワー加工してもらえますか?

A:申し訳ございませんが、当店では生花のプリザーブド加工は行っておりません。

プリザーブドフラワーの花材にはどのような種類があるのですか?

A:現在ではたいへん多くの種類のプリザーブドフラワーができました。
フローリスト江美の花材ラインナップもご参考にしてください。

このほかにも花材ですと、花みずき、ブルースター、トルコキキョウなども あります
小花ですと、ライスフラワーやカスミ草、モリソニア、ミニアキレア、モナルダ、スターチスなどもあります

花材に自分が欲しい花材が無い場合はこの花をプリザーブドフラワーにしてほしいとお願いすれば
プリザーブドフラワーに加工していただけますか?

A:申し訳ございませんが、当店ではプリザーブド加工できません。

プリザーブドフラワーはどうして生花よりも高価なのですか?

A:加工する際に大量の溶剤液、染色液がいるからです。この液は使うたびに劣化しますので、
また、加工には時間も手間もかかり、多くの人件費もかかるからです。

完全なオーダーメイドのアレンジを作ってもらいたいのですが

A:はい、可能です。
イメージ写真や簡単なイラストをいただくか、メールにてイメージなどをお寄せください。
ご相談のうえ、お見積りをお出しして制作させていただきます。

キットを購入して自分で作成してプレゼントしたいのですが
キットが届いて作り始めるまでに花材などの保存で気を付けることはありますか?

A:まずは、花材を確認してください。
不足や破損がありますとアレンジメン制作に取り掛かれませんので、お早目にご連絡いただければ対応させていただきます。
保存場所は、直射日光があたらず風とおしのよい湿度の低いお部屋に置いてください。

キットに花材を追加したい場合は花材を追加して注文することは可能ですか?

A:はい、可能です。
フローリスト江美にも「追加のパーツ花材」があります。
お好きなものを追加して、アレンジメントを華やかにするものステキですね。

卒業式や入学式、結婚式などでプリザーブドフラワーのコサージュをしたいと思いますが作っていただけますでしょうか?

A:はい、お作りできます。
お花の種類、カラー、ご予算をお伝えいただければ、ご提案のうえ制作させていただきます。

プリザーブドフラワーの花びらメッセージを入れられる商品がありますが
他の商品にも文字を入れていただく事はできますか?
例えば「マイローズ」(クリアケース付)のバラの花びらに文字を入れていただくような感じです。

A:別途、文字入れ可能です。
バラの大輪を使用しておりますアレンジでしたら、ほとんどの アレンジに文字入れすることができます。 お気軽にご相談くださいませ。

プリザブドフラワーの花束はありませんか?

A:お作りすることができます。
用途、お花の種類、カラー、ご予算をお伝えいただければ、ご提案のうえ、制作させていただきます。

手持ちの古くなったアレンジメントをリメイクしていただくことはできますか?

A:はい、できます。
花材は、カビているものや破れているものがあり、使えるものは少ないことが多いです。
花器はほとんど、使えると思います。
ご相談のうえ、制作させていただきます。

↑ページトップへ


プリザーブドフラワー
手作りアレンジキット専門店
> お買い物ガイド > プリザーブドフラワーに関してよくある質問